インターホン交換などから考えるイマドキ快適住まい|設備管理の勧め

状態を元に戻す

原状回復工事を依頼する

賃貸物件を出て行くときに必要になるものが原状回復工事です。この原状回復工事をすることによって、利用した物件を最初の借りた状態に戻して返却することができます。このような工事をしない場合には、契約違反などになるケースがあります。 工事をする方法はいろいろありますが、貸し主が契約している業者で工事をしてもらうことが多いです。また、新しい会社で工事をする場合には貸し主に立ち会ってもらってどの程度までの工事をしなければ行けないのかを相談する必要があります。 賃貸物件を返却するときには、壊した場所や修繕が必要な部分を直してから返却する必要があります。しかし、減価償却の部分もあるので、事前にしっかりと確認して工事をする必要があります。

工事を望んでいる人とその理由

原状回復工事を望んでいる人は大家さんなどの貸し主になります。貸し主は、最初の賃貸契約をしたときに貸し出したものについては返却または壊れてしまったものは修繕することが前提で契約をします。この契約をしないと原状回復工事をしないで借りた側がいなくなってしまうと次に貸すときに貸し主側が修繕費用を負担しなければいけません。次に物件を貸し出すときにはきれいになっていないと借り手がつかないためにきれいにしてもらう必要があります。 しかし、貸し手側も原状回復についてはしてもらう必要がありますが、経年劣化は貸し手側の負担になることが分かっています。このため、工事をしてもらうためにはお互いの確認が必要でることも理解しています。